Transport Network
トップページ鉄道写真館山陽電気鉄道>3000系・3050系・3200系

■ 鉄道写真館 山陽電気鉄道編

山陽電気鉄道3050系(鋼製車)

▲ 山陽電気鉄道3050系(鋼製車) 山陽須磨/2014.3.13


【概要】
それぞれは登場時期などが異なるものの、いずれも外見上は同じ。
3000系は1964年登場。1次車はアルミカーとして登場。続く2次・3次車は費用面と必要車両数の確保の観点から鋼製に戻っている。
3050系は3000系の形態のまま当初から冷房を装備した形式。1972年に登場。また、1981年から登場の車両はアルミカーとなっている。
3200系は2000系の主電動機と駆動装置を再利用し、3000系並みの車体を新造して登場したグループ。
いずれも山陽電鉄線内で活躍している。



山陽電気鉄道3000系(鋼製車)

▲ 山陽電気鉄道3000系(鋼製車) 山陽須磨/2014.3.13


山陽電気鉄道3050系(鋼製車)

▲ 山陽電気鉄道3050系(鋼製車) 山陽須磨/2014.3.13


山陽電気鉄道3050系(鋼製車)

▲ 山陽電気鉄道3050系(鋼製車) 山陽須磨/2014.3.13


Transport Network 表紙
Copyright(C) Transport Network All Rights Reserved.