TransportNetwork

【鉄道写真館】長崎電気軌道1050形

長崎電気軌道1050形(1051号車)
▲ 長崎電気軌道1050形(1051号車) 市民会館〜諏訪神社間/2019.3.30

【概要】

元仙台市電モハ100形。1976年に5両が登場した。

導入にあたっては軌間が異なることから、同時期に廃車となった西鉄北九州線100形の台車を組み合わる改造を行った。また、ワンマンの方式を長崎式に合わせる改造も行っている。

1051号車は1985年に仙台市電の塗装を復元する一方、1200形登場以降は冷房を搭載していないために1990年代に順次廃車が発生。残る1051号車も維持が困難となり2019年3月30日のさよなら運転をもって引退した。

【車輌一覧】※各車両の写真は車号のリンクからご覧ください。

車号旧所属・番号譲渡年廃車年備考
1051 仙台市交通局 117 1976.12.25 2019年引退 旧仙台市電塗装
1052 仙台市交通局 118 1976.12.7 1993.9.1  
1053 仙台市交通局 119 1976.10.29 2000.12.30 宮城県秋保温泉駅跡にて保存
1054 仙台市交通局 121 1976.11.25 1990.12.5 シドニー路面電車博物館にて動態保存
1055 仙台市交通局 124 1976.10.5 1990.12.3