×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

Transport Network
トップページ鉄道写真館>長崎電気軌道

■ 鉄道写真館 長崎電気軌道編

長崎初の路面電車は1915年11月に病院下〜築町間が開業したことに端を発する。その後、基本的な路線網は1934年までに整備されている。
1945年8月9日に原子爆弾が長崎の町に投下され、長崎電気軌道も甚大な被害を受けている。最初に復旧したのは長崎駅前〜西浜町〜蛍茶屋間で復旧は1945年11月25日。全線復旧までは8年を要している。
現在の路線網となったのは1968年6月。現在では広島とならんで路面電車が生活の足の中心となっている。また、ずっと赤迫から滑石方面への延長が計画されている。

長崎電気軌道1050形
1050形
長崎電気軌道3000形
3000形

Transport Network 表紙
Copyright(C) Transport Network All Rights Reserved.