TransportNetwork

【鉄道写真館】京阪電気鉄道600形

京阪電気鉄道600形(607+608編成)
▲ ▲ 京阪電気鉄道600形 (607+608編成) 浜大津〜三井寺間/2014.3.17

【概要】

1984年〜1988年にかけて10編成20両が自社で製造された。大津線では始めての冷房車で、当初は京津線準急用として登場している。大津線1500V昇圧時に昇圧工事を受け、石山坂本線で活躍中。後期タイプとなる12両は、正面がパノラマミックウィンドウに変更され、700形にも受け継がれている。

【車輌一覧】※各車両の写真は車号のリンクからご覧ください。

車号竣工年月日製造所備考・過去カラーリング等
601+602 1984.4.16 京阪錦織工場 「滋賀レイクスターズ」ラッピング
603+604 1984.7.20 京阪錦織工場 京阪特急色
605+606 1984.8.1 京阪錦織工場  
607+608 1984.10.22 京阪錦織工場  
609+610 1986.4.22 京阪錦織工場 「中二病でも恋がしたい!」ラッピング
611+612 1986.7.4 京阪錦織工場 比叡山坂本ケーブル塗装
613+614 1987.4.17 京阪錦織工場  
615+616 1987.7.4 京阪錦織工場 「パト電」ラッピング
617+618 1988.4.19 京阪錦織工場 「ちはやふる」ラッピング(2014年版)
619+620 1988.7.4 京阪錦織工場 「全国鉄道むすめ巡り3rd」ラッピング
「響け!ユーフォニアム」ラッピング