Transport Network
トップページ鉄道写真館JR各社機関車>C61形

■ 鉄道写真館 JR各社機関車編

JR東日本C61形

▲ JR東日本C61形 鉄道博物館/2011.3.5


【概要】
1947〜1949年にかけて日本国有鉄道が製造したテンダー式蒸気機関車。戦後、不足していた旅客用蒸気機関車の確保のため、余剰となっていた貨物用蒸気機関車から転用することとなり、D51形のボイラーと一部部品を転用し改造した。合計で33両が在籍していた。1975年までに定期運用から引退。2両が動態保存機として残るほか、数両が静態保存されている。このうち、20号機は2011年に動態保存への復元工事が完了し、JR東日本高崎車両センターに所属している。


JR東日本C61形

▲ JR東日本C61形 鉄道博物館/2011.3.5


Transport Network 表紙
Copyright(C) Transport Network All Rights Reserved.