TransportNetwork

【鉄道写真館】JR九州813系

JR九州813系0・400番台
▲ JR九州813系0・400番台 黒崎/2015.4.17

【概要】

1994年から導入が開始された近郊形電車。811系導入後もなお残る旧国鉄形車両の置換えを推進するために導入されている。811系以降の近郊形電車とは相互に連結が可能。登場当初は2・3両編成が混在していたが、2003年までに3両編成で統一されている。1〜11次車までと12次車以降(1100番台)では正面部のデザインが異なっている。

大部分が南福岡車両区に所属し、赤をベースとしたカラーリングとなっているが、直方運輸センターに所属する車両は黒をベースとしたカラーリングとなっている。

【区分番台一覧】
区分番台次車製造年備考
0番台 1次車 1994年 2両固定編成で登場
100番台 2〜4次車 1995〜1996年 2両・3両編成で登場
200番台 5〜7次車 1997〜1998年 3両編成で登場
300番台 9次車 2003年 事故廃車補充用・3両編成で登場
400番台 10次車 2003年 0番台2連増結用サハのみ製造
500番台 8次車 2001年 100番台2連増結用サハのみ製造
1000番台 11次車 2005年 3両編成で登場
1100番台 12〜13次車 2007・2009年 3両編成で登場・行き先大型LED化
【掲載区分番台一覧】
★0〜1000番台(1〜11次車) ★1100番台(12〜13次車)
JR九州813系0・100・200番台他(南福岡区所属)
南福岡区所属
JR九州813系100・200・500・1000番台(福北ゆたか線)
直方区所属
JR九州813系1100番台
南福岡区所属