Transport Network
トップページ鉄道写真館JR急行・近郊型電車>455・457・475系

■ 鉄道写真館 JR各社急行・近郊型電車編

日本国有鉄道455系

▲ 日本国有鉄道455系 大宮/撮影日不明
<提供:たろさん>


【概要】
153系をベースに交直流区間でも運用できるように開発された急行形電車。451・453・455系が交流50Hz向け、471・473・475系が交流60Hz向け、457系が交流50/60Hz共通となっている。
451・471系は電動機出力100kwのグループで1962年登場。453・473系は1965年登場で電動機出力120kwに増強されたタイプ。455・475系は1965年に453・473系に抑速ブレーキを追加したタイプ。457系は1969年に主変圧器を50/60Hz共用のタイプに変更した形式。
急行運用がなくなった後も、仙台地区や北陸地区、南九州地区でローカル運用に用いられていたものの、老朽化などに伴って北陸地区を除き運用から離脱・廃車となっている。


<バリエーションリスト>
457系(国鉄急行色)
国鉄急行色
455系(仙台支社色)
仙台支社色
455系(磐越西線色)
磐越西線色
455系(仙山線色)
仙山線色
475系(北陸色)
北陸色
475系(北陸地域色)
北陸地域色
   

Transport Network 表紙
Copyright(C) Transport Network All Rights Reserved.