TransportNetwork

【鉄道写真館】国鉄・JR415系

JR東日本415系
▲ JR東日本415系 北小金〜南柏間/撮影日不明
<提供:久保田 政和さん>

【概要】

401・403・421・423の各形式の後継車両として1971年登場。401・403系が50Hz専用、421・423系が50Hz専用だったのに対し、415系では50・60Hzのいずれにも対応できる車両として登場している。

大別すると鋼製車両の0番台・100番台・500番台・700番台、ステンレス車の1500・1900番台、113系から改造された800番台の3種類からなる。JR東日本所属車両は1500番台を除き全廃になったが、JR西日本・九州所属の車両は健在。

【バリエーションリスト】
★基本番台
415系(標準色)
標準色
JR九州415系
標準色(JR九州)
415系(旧塗色)
旧塗色
 
★1500番台 ★1900番台
415系1500番台(標準色/常磐線)
標準色(常磐線)
415系1500番台(九州色)
九州色
415系1900番台
1900番台
 
★800番台
415系800番台(七尾線色)
七尾線色
415系800番台(北陸地域色)
北陸地域色
415系800番台(ラッピング車)
ラッピング車