×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

Transport Network
トップページ鉄道写真館>北総鉄道

■ 鉄道写真館 北総鉄道編

北総鉄道7000形
7000形
北総鉄道7300形
7300形
北総鉄道7500形
7500形
北総鉄道9000形
9000形
北総鉄道9100形
9100形
北総鉄道9200形
9200形
北総鉄道7050形
7050形
北総鉄道7250形
7250形
北総鉄道7260形
7260形
北総鉄道7800形
7800形
北総開発鉄道3400形
3400形
 

北総鉄道は京成高砂〜印旛日本医大間32.3kmを結ぶ路線。主に千葉ニュータウンと都心を結ぶアクセス路線として建設された。
開業当時は「北総開発鉄道」として、北初富〜小室間8.3kmを1979年3月に開業。また、1991年には北初富〜京成高砂間を開通させて都心直通を果たしている。また、小室以遠は住宅都市整備公団(→都市基盤整備公団、現在の都市機構)が建設している。最初の開業は1984年に小室〜千葉ニュータウン間が開業している。
2004年7月に都市基盤整備公団が建設した区間(公団線)が京成子会社に譲渡されるのに伴って路線名を「北総線」に変更、あわせて社名を「北総鉄道」と改めている。

2006年からは京成新3000形と同設計の北総7500形の増備がスタートし、開業当初の7000形は引退。


Transport Network 表紙
Copyright(C) Transport Network All Rights Reserved.