TransportNetwork

【鉄道写真館】広島電鉄5000形

広島電鉄5000形
▲ 広島電鉄5000形(5012編成) 広島駅前〜猿猴橋町間/2007.9.22

【概要】

広電初の超低床車両として1999年登場。6月から運行を開始している。メーカーはドイツ・シーメンス社で「コンビーノ」の商品名を持つ車両。「Green Mover」の愛称を持ち、全12編成が在籍している。5012編成は市内線で、そのほかの11編成は宮島〜市内線直通用として活躍している。

【車輌一覧】※各車両の写真は車号のリンクからご覧ください。
車号竣工日製造会社備考
5001 1999.3.20 シーメンス
デュワグ
アルナ工機
 
5002 1999.12.7  
5003 1999.12.18  
5004 1999.12.24  
5005 2001.3.10  
5006 2001.3.14  
5007 2001.3.31  
5008 2001.9.28  
5009 2002.3.9  
5010 2002.9.20 シーメンス
アルナ工機
 
5011 2002.11.23  
5012 2002.11.29