Transport Network

【鉄道写真館】広島電鉄3000形

広島電鉄3000形(3002編成)
▲ 広島電鉄3000形(3002編成) 広島駅前〜猿猴橋町間/2014.10.9

【概要】

元は西鉄福岡市内線の連接車両。1100形・1200形・1300形を購入し、3連接車両として改造して1976年に登場。1300形2編成は小改造を受け、連接車のまま宮島線直通列車に充当された。

1997年に3950形の増備に伴って市内線に転属し、1・5号線のラッシュ時などに運行を開始。その後、1号線はほぼ終日にわたり連接車での運行となり、常時使用されることが多くなった。1000形や5200形の導入に伴い、一部廃車が発生している。

【車輌一覧】※各車両の写真は車号のリンクからご覧ください。
編成福岡市内線 旧番号竣工日廃車年備考
A車B車C車
3001 1204A 1204B 1208A 1979.12.30 1992.12.19  
3002 1209A 1209B 1207A <現役>  
3003 1206A 1206B 1203A 1980.12.30 <現役>  
3004 1201A 1202B 1202A <現役>  
3005 1101A 1101B 1102A 1981.1.31 2015.7 ミャンマー国鉄へ譲渡
3006 1201B 1102B 1203B 1981.3.31 2015.7 ミャンマー国鉄へ譲渡
3007 1305A 1207B 1305B 1981.7.16 <現役>  
3008 1306A 1208B 1306B 1982.6.30 2019.4  

1305AB/1306ABは広島電鉄1300形として運行後(1976.1.31竣工)、3000形に再改造。