×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

TransportNetwork

【鉄道写真館】アルピコ交通(旧松本電鉄)

アルピコ交通3000系
▲ アルピコ交通3000系 西松本〜渚間/2014.8.25

【運行エリア】

長野県松本市

【概要】

1920年、筑摩鉄道として開業したのが始まり。1921年に島々線松本〜新村間が開業。翌年に島々までが開業、全通する(当初は島々の先、龍島までの建設を予定していたが、狭隘な地形による建設費高騰が見込まれたために中止となる)。このほか、松本〜浅間間を結ぶ路面電車「浅間線」も開業させている。

1932年に松本電気鉄道と社名変更を実施。戦後、1955年に島々線を上高地線と改称。1964年には浅間線を廃止するとともに路線バスの拡充などを図っていく。1966年には島々駅がになっていたターミナル機を赤松駅に移転し新島々駅と改称。1983年9月に島々〜新島々間で土砂崩れが発生。この区間の利用者がすでに少ないことなどからこの区間を廃止し、現在の路線となる。

2007年冬から経営再建を開始。松本電気鉄道はアルピコグループの持ち株会社の子会社となる。また、同じグループである川中島バス・諏訪バスを2011年に合併。この際に会社名が松本電気鉄道からアルピコ交通となる。

【ホームページ】

アルピコ交通(http://www.alpico.co.jp/traffic/

【掲載形式一覧】
3000系
3000系
5000系
5000系
ED30形
ED30形
ハニフ1形
ハニフ1形