×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

TransportNetwork

【TransportNetwork Report】No.003「鷲宮町&栗橋町最後の日」

2010年3月21日。この日は鷲宮町が「鷲宮町」である最後の日でした。3月22日からは栗橋町や菖蒲町、久喜市と合併し(新)久喜市となります。それに伴って、鷲宮町では「卒業式」が行われ、栗橋町の井上酒店ではあるイベントが行われました。その模様をご紹介します。

■ 区間快速で栗橋へ。

徹夜明けで浅草駅へ。時刻表を調べると10時50分の区間快速があることがわかったのでそれで栗橋に向かうことに。駅構内のお店でひれかつサンドを購入、車内で食べながら行くことに。

もっとも、早々に食べ終わったら徹夜明けの睡魔に襲われてしまい、栗橋までほとんど寝ておりました。もちろん、BGMは「ドリームスペーシア」。乗ってるのは6050系ですが。

■ 理由も無く、「福楽」へ。

栗橋に到着し、なんとなく福楽へ。…さっきのひれかつサンド失敗かなあ、と思いつつ、チャーシュー麺を食べる。毎回書きますが、福楽のチャーシューはお勧め。持ち帰りできるので、ぜひ食べていただきたい!

で、栗橋に来て思い出したことが二つあり、「井上酒店 とむりえ新商品発売記念イベント」と「鷲宮町卒業式」でした。チャーシュー麺を食べきり、ここはひとつ鷲宮に行こうと決めたのですが、だったら最初っからいけばいいのにね、鷲宮(笑)。

■ 鷲宮町卒業式をチラッと見る。

栗橋から東鷲宮まで電車で向かい、そこで20分待ってからバスに乗り、鷲宮町役場周辺で行われていた鷲宮町卒業式へ。私が到着したのは14時前だったので、すでに抽選会が行われているところでした。

そこで、いつもお世話になっているWさんにお会いし(彼は鷲宮町商工会の「らき☆すた」や栗橋みなみスタンプラリーで企画から参加している方)、忙しくお手伝いしている様子を見させていただきました。個人的には「らき☆すた」はそんなに縁がないのですが、鷲宮町の「ファンと一緒に街を盛り上げていく姿勢」を見ながら、今後の推移を楽しみにしたいなあ、と思ったのでした。

■ 栗橋にとんぼ返り&井上酒店イベントへ。

14時20分過ぎのバスで東鷲宮に戻り、そこから栗橋まで戻ると15時ぎりぎり。卒業式でWさんが紹介してくれた方と一緒に井上酒店に向かいます。

鷲宮町が盛り上がっている一方で、栗橋町の井上酒店で発売しているお酒「とむりえ」の新作「おぎん」の発売記念イベントが行われていました。ゲストに、この「おぎん」の声を担当している声優の近藤香奈子さんを迎えてトークショーや特製餃子による抽選会、サイン会などが行われました。

井上酒店では栗橋みなみ関連商品以外にも「萌え酒」と呼ばれる商品が複数あり、そのひとつがこの「とむりえ」。詳しくは井上酒店ホームページ(http://www.inoue-oyaji.com/)へ…って宣伝みたいだね(笑)。

■ さて、ここからが本題です!

実は、ここまですっかり写真の撮影をしないでいたのですが、16時半に「とむりえ」のイベントが終了。続いて始まったのが「あたらしい栗橋はじめましょう」記念ミニパーティー。スタンプラリーにも参加している洋菓子店「パリジェンヌ」さんが製作した特製栗橋みなみケーキのお披露目が行われました。

栗橋みなみケーキ
▲ メイドさんとともに登場した栗橋みなみケーキ。
栗橋みなみケーキ
▲ 集まった方の私物で飾って記念撮影。

「とむりえ」のイベントでもアシスタントを務めていたメイドさんが持ってきたのは栗橋みなみがデザインされた特製ケーキ。すばらしい出来なんだこれが。グレーがかった色とかもきれいに再現できているのは、なかなかな腕だなあ、と思います。ちなみに、オリジナルケーキの注文も承ってくれるとのことなので、興味をもたれた方はぜひ。

ろうそくがともされたケーキ。
▲ ろうそくでさらにデコレーション。
顔の部分をとった方とともに。
▲ イベント後、みんなでいただきました。

ろうそくを挿して(私も挿させていただきました)、みんなでろうそくを吹き消して新しい栗橋誕生のお祝いをしました。ケーキは切り分けて、イベントに訪れた皆さんで食べたのでした。ちなみに、右上の写真は顔の部分を取った方にお願いして、撮らせていただきました。

■ 栗橋みなみスタンプラリーを少し。

お店で出会った方と仲良くさせていただきまして(こういうキャラなので、単純にマシンガントークに負けていただけかも)、皆さんのスタンプラリーのお手伝い&自分も少し押すことに。

島田青果店のあとに向かったのは矢島生花店。ここで「300円でお花を作ってください」という無茶振りをして(快く応じていただきました)、ちょっとした花束を作っていただきました。これが実は大きな小道具になるのですが。

その後、駅前の三笠屋で静御前最中を買って(そしてきなこもちをいただきました)、駅に戻ったのでした。

■ 鷲宮町の最後を見届ける。

その後、私と鷲宮町卒業式でであった方の二人で、鷲宮へ。夜の神社を少し見てからイベント会場に戻ると、鷲宮☆物語の野外上映が行われていました。

鷲宮町卒業式の看板
▲ 鷲宮町卒業式の看板

私たちは途中から見たのですが、Wさんもこの鷲宮物語には出演しています。それをニヤニヤしながら見ていたのですが(笑)、途中からそれだけではない感覚に襲われまして。

やってることが「無駄に面白い」のね。2010年4月10日〜17日まで羽生市のワーナーマイカル羽生で上映があるのでそれを見てほしいと思うのですが、個人的には面白かった。「地元への興味ってどうしてもわかないんだけれど」何かのきっかけがあると変わるのかもしれないなあ、と思ったのですよね。それがアニメなのか歴史なのかは「入口」でしかなくって、最終的にその町を好きになってもらうことが重要なのかなあ、と。そんなことを考えてみておりました。

すべてのイベントが終わり、Wさんを見つけたので先ほど購入した花束を渡す。すると、Wさんの横にビデオカメラ(業務用)があるのですねー。メイキングっぽいものが回っておりまして、コメント撮りに協力させていただきました。もっとも、どこに使うのか知らないのですけどね。

■ もうすぐ鷲宮町・栗橋町から久喜市に。

イベントの後片付けがあるWさんとはイベント会場でお別れし、鷲宮駅へ。

新・久喜市の横断幕
▲ 新・久喜市を告げる横断幕
駅所在地が「久喜市」に変わった。
▲ 鷲宮駅の所在地が久喜市に変わる。

新・久喜市誕生を告げる横断幕と、鷲宮駅駅名標の所在地が久喜市に変わっている。これは鷲宮町から久喜市に変わることを意味しています。

しかし、住所が久喜市になっても、栗橋・鷲宮で行っていることが少しでもよい形で成果として現れ、結果として久喜市全体が活性化されればよいのではないかなあ、と思っています。これからの久喜市にも注目です!

■ 関係先リンク集

鷲宮町商工会

井上酒店 http://www.inoue-oyaji.com/

(2010.3.21実施、2010.4.5掲載)